回春方法の歴史

回春方法の歴史

現代では回春方法は様々な方法が確立されていますが、昔の人々は回春にどのように考えていたのでしょうか?

 

不老長寿の薬については、日本書紀にも天皇の命令で捜索されたということが記載されています。中国の徐福の話をまねて作ったとされています。しかし、権力者が不老長寿を願うのというのは、日本でも同じことの様です。

 

回春について記されているのは、ハチの巣を食すことで勃起不全が改善したという記載が残されています。今でいうローヤルゼリーのことです。蜂の子なども性のつく食べ物として長野県では、今日でも食されています。

 

このように平安時代には、回春は不老長寿に関する話が数多く存在します。しかし、男性の勃起力を高める効果についての具体的な起債は残ってはいません。

 

あくまで不老長寿がメインの話が多いです。平安時代でも、平和な時にはこのような話も数多くつられていますが、政治的に不安定になってくるとこのような話をも少なくなり、記録も残っていないようです。

 

その後に日本は江戸時代までは、政治的に不安定な時期が続きました。徳川家康が日本を統一すると、また回春についての記載が増え始めるのです。