回春薬の作用と副作用

回春薬の作用と副作用

回春薬の種類には、生薬系や医薬品系の大きく二つに分けることができます。このうち副作用の心配をしなくてはいけないのは、医薬品系の回春薬です。

 

服用する前には、まず、自身の体を考えることが必要です。例えば、糖尿病の人は糖分がたくさん含まれている回春薬を服用することはできないでしょうし、前立せん肥大症に人に男性ホルモン入りのものを服用することはできない。

 

糖尿病や前立せん肥大症にかかっているオヤジほど、回春薬をほしがる傾向がある。このような人への買春剤アドバイスは、まず持病を直すことから始めるほうがいいでしょう。

 

持病のない人でも回春薬を服用するときに気を付けていただきたいことは、やみくもに商品を選ぶのではなく、自分の体調をよく見極めたうえで、購入するほうがいいでしょう。

 

今ではドラッグストアーでも薬剤師の方がおられるので、その方に相談して症状を聞いてもらってから購入することで、ぴったりの買春剤が見つかることでしょう。

 

特に体に不安のある人や、以前飲んで副作用を感じたことのある方は、そうするようにしてください。

 

今までに登場した回春薬の中で一番強力だとされているのが、ヨヒンビンが含まれているものです。ヨヒンビンは劇薬指定を受けているので、指定薬局でしか購入することはできないようになっています。
購入の際には印鑑が必要ですが、服用することではれ上がってしまうように効くようです。

 

男性ホルモンが入っている回春薬は飲み薬と塗り薬があります。男性ホルモンを取り入れることで、より強い男性らしい体にしてくれるのです。しかし、この薬の注意点は、あまり服用しすぎると、体で男性ホルモンを作る機能が衰えてしまうという点です。

 

それ以外にも回春薬には、新陳代謝を高めたり、内臓を活発に働かせたりして、体に精をつけるものもあります。これらのものは効果が穏やかな回春薬といえます。

 

回春薬について

回春薬について

市販の回春薬によく入っている成分で、知っておいたほうがいいものを紹介します。

 

イカリソウは性欲が上がることで知られています。このイカリソウを食べた羊が発情することが知られていたことから、人間にも同じ効果があるのではないかとされたからです。

 

ニンニクには、アメリカでは性のミネラルと呼ばれている亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛が副腎ホルモンの分泌を促し、活発に活動することのできる質のいい精子を作り出します。

 

また、この亜鉛が豊富に含まれている食品には牡蠣があります。男性で写生時に精液の出る量が少ないなと感じるときには、まずは亜鉛を摂取することを考えたほうがいいでしょう。ここで注意することは、食物繊維は亜鉛の吸収を妨げる働きがあるので知っておくといいでしょう。

 

ジオウ(地黄)マオウ(麻黄)ダイオウ(大黄)などの名前に「黄」のつく生薬は、作用が強烈なので、体質に合わない人が飲むと、じんましんなどの副作用が現れるので注意するようにしてください。

 

ビタミンEやビタミンBは吸収することで性ホルモンの分泌を促し、生殖細胞関連の活動が活発になります。

 

葉酸、は細胞分裂を活発にしてくれます。妊婦さんがとることで安定した妊娠期間を送れることで注目されています。

 

ローヤルゼリーは、性ホルモンの生成に必要な成分である、パンテトン酸が主成分です。

 

以上が植物性生薬の主な働きです。以下は動物性生薬について説明ます。

 

動物性の生薬は動物の肝や睾丸などが主流です。海狗腎はオットセイの睾丸、テステスは牛の睾丸、牛黄は牛の胆石、鹿茸は生えたばかりの柔らかい鹿の角。
一般的に植物性の生薬よりも動物性の生薬のほうが効果があるとされています。

 

もともと生薬とは即効性を期待するものではありません。毎日飲んで徐々に体を正常な状態に近づけるというのが目的です。一回や二回飲んだだけでは体に効果が表れることはありません。


更新履歴